残業時間の増減について

2月 12th, 2014

景気の動向や会社の業績によって、残業時間というものは変化していきます。
会社の業績が良ければ仕事量が増えるので、残業時間は増えることでしょう。世の中の景気が良くても、お客様からの注文が増えるため、仕事の量が増えて残業時間が増えていきます。
会社の業績が良くて仕事の量が多いということは大変喜ばしいことなのですが、不当な残業を従業員に強いることで従業員に負担を与えているケースも多く見受けられます。
そのようないわゆるサービス残業の問題は、労働者の権利を守るためにも改善していかなくてはならないことです。
残業をした分だけの給料がしっかりと支払われる会社なら良いのですが、そのような会社で何時間も残業をしていると、会社に負担をかけてしまうことになるので、上司からあまり残業をしないように注意されたりします。
なので、労働者の方としてもなるべく時間内に仕事を終わらせるように手際よく作業を進めていく工夫や努力が必要になってきます。
残業すべきときにはしっかりと仕事をこなし、なるべく時間内に仕事を終わらせることが大切でしょう。